Concept

リボーンセラピー✿マームとは?

子育て中には娘の重度の食物アレルギーとアトピー

息子の不登校等を経験してきました。

これらの経験の渦中では悩み、迷い、悲しみ、苦しみ

母親として罪悪感をもちながら

ネガティブな感情の中を彷徨ってきました。


色んなご縁から「バッチフラワー」と出会い

初めて「バッチフラワー」の本を読んだ日

バッチ博士が残した「汝自身を癒せ」という言葉を見て

雷に打たれたような衝撃を受けました。

”大切な人たちを癒すには、自分自身が癒されていること”


レメディを経験するうちに

自分自身と向き合い、内観がはじまりました。

現時点の状況から、私自身の幼少期まで遡るうちに

これまでにおかれた環境で、思考の癖や性格が作られ

それらが影響することを実感することになります。


人に気づかせてもらうことも大切ですが

「自分自身が気づく」ことで

真の癒しと

自分の足で前進することを得ることができます。


「病気をみる」のではなく「患者をみる」

「バッチフラワー」を学んでいくうちに

改めて心や感情の大切さに気づきました。

感情が整うことは「予防医学」にも繋がります。



これまでマイナスでしかないと思っていた

さまざまな経験は

私の中の引き出しを増やし

武器となり糧となり強さとなり

私自身の人生を彩りよくする経験でしかありませんでした。


現在、悩んでいる人、迷いがある人、不安がある人、前に進めなくなっている人・・・

その経験は今のあなた自身が

先に進むための彩りある経験でしかありません。


心・身体・魂は繋がっています。

日々を穏やかに軽やかに

そして自分らしく過ごすということは

「今」をきちんと生きること。


みえないものへの恩恵にも感謝しつつ

この物質界でも「地に足をつけて生きる」ことも大切です。


すべてはバランス。


偏りすぎずこだわりすぎず

スピリチュアリティとリアリティのバランスをとった

アドバイスをお伝えすることと

1日も早いクライアントの自立(自律)を邪魔せず

”セルプヘルプ”のサポートをしていくコンサルテーションを心がけています。


バッチフラワーでクライアントと向き合う中で

感情のバランスが整うだけでは追い付かない人もいることを実感

バッチフラワーレメディのように

自然からの恩恵を受け

害や副作用もない「身体に直接働きかける」ものはないものかと

探している中で「ジェモセラピー」と出会いました。

バッチフラワーとジェモセラピーの相乗効果は抜群です。


心と感情、そして身体・・・

バランスが整い、再生し復活する・・・


「あなた自身でが本来の姿に戻る」


お気軽にご相談ください。

「リボーンセラピーマーム」でお待ちしております。